確定申告に使える無料会計ソフトおすすめ4選

会計ソフトアイキャッチ

確定申告を必要とするフリーランス、もしくは副業で事業所得のある方にとって1年間の会計を自力でまとめあげることは容易ではありません。

本記事では確定申告に役立つ無料の会計ソフトを4つ紹介いたします。

もくじ

1.マネーフォワードクラウド会計
2.フリーウェイ確定申告
3.やよいの白色・青色確定申告オンライン
4.クラウド会計freee

マネーフォワードクラウド会計

マネーフォワードクラウド会計

マネーフォワードクラウド会計

確定申告のシーズンになると個人事業主はせかせか作業を始めることでしょう。しかし、自力で行おうとするとどうしても苦労することも多いでしょう。

MFクラウドは確定申告を迎える個人事業主を1からサポートしてくれる会計ソフトです。

基本的に1年間のお金の会計を行なっていく作業が確定申告ですが、年間のお金の管理を行うのはなかなか根気がいる作業です。

マネーフォワードクラウド会計はオンラインバンクやクレジットカードの取引データをネット上で連携させておくと自動で取得することができます。

対応している銀行も豊富でほとんどの人が自分の銀行口座をすぐに見つけることができるでしょう。対応しているクレジットカードも多いので、どんな事業主でも利用しやすいです。

勘定科目に関しては自動で提案してくれるので、時間もそこまでかからずに記入することができます。

また、マネーフォワードクラウド会計は一度に最大50まで仕訳登録を行うことができます。月に一度しか経理に関する作業を行わない人はこういった機能があるととても便利です。

利用しているプランにもよりますが、電話やチャットでサポートを受けることもできます。ソフト自体の操作がわからない場合は、チャットで送り込むと時間がそこまでかからずに返信が返ってきます。

優しい設計となっていて、確定申告に不安を抱えている人も安心して利用できます。

「あんしん電話サポート付きベーシックプラン」は年額17200円での利用で「ベーシックプラン」は月額800、年額8800円になります。

こういった会計ソフトの中で中でもベーシックプランは安い価格設定なので、確定申告が初めてで何を使えばいいかわからないという人にはおすすめです。

マネーフォワードクラウド会計は仕訳数が年間で50件なら無料で利用することができます。

実際に無料で使ってみて、本格的に利用開始することもできますので、使い勝手がわからない人は一度無料で試してみると良いでしょう。

マネーフォワードクラウド会計のHPへ

フリーウェイ確定申告

フリーウェイ確定申告

フリーウェイ確定申告

最初から最後まで確定申告を無料でしたいという人にはオススメのソフトです。他の無料で使用できる期間があるだけで、期間が終わってしまうと課金する必要があります。

もし、確定申告にお金をかけたくないという人は「フリーウェイ確定申告」がぴったりでしょう。

まず登録をすると一番最初に自分の情報を登録することになりますが、その登録の部分で自分の住所や氏名以外に必要な帳票類を設定する必要があります。

この部分があまり優しくはないです。かなり細かい決算書や申告書など設定を余儀無くされるので、確定申告について何も知識がない人にとっては何が何だかわかりません。

数字も全て記入していきになるのでかなり作業を時短するということではなく、単純に確定申告のための紙を用意してくれているというイメージです。

フリーウェイ確定申告の有料プランもあるようですが、あまり仕様が変わらないようです。

確定申告に関して完璧な知識を持っていて、操作性にこだわりもないという人はフリーウェイ確定申告を利用してみても良いのではないでしょうか。

フリーウェイ確定申告のHPへ

やよいの白色・青色確定申告オンライン

やよいの白色・青色確定申告オンライン

やよいの白色・青色確定申告オンライン

会計ソフトといえば「やよい」と言っても過言ではないほど有名な会計ソフトです。クラウド上での取引の記録や仕訳も簡単に行えて、確定申告にはぴったりなソフトです。

青色申告用と白色申告用があり、自分の確定申告に合わせて使い分けることができます。ちなみに「やよいの白色申告オンライン」は無料で使い続けることができます。

白色申告をする方はこちらを利用すると良いでしょう。無料プランだからといって機能性が低いというわけではありません。しっかりとした確定申告ができるので確定申告が初めての人におすすめです。

もちろん、有料プランもあり、本来は8000円ですが初年度は4000円で利用できます。有料プランだと電話のサポートもついているので確定申告についてわからないことがあってもすぐに解決できます。

「やよいの白色申告オンライン」では、取引の記録や仕訳の機能を活用することができたり、確定申告書を作成することができたり、一般的な会計ソフトと同じように使用できます。

フリープランで完成した申告書にマイナンバーや印鑑を合わせて提出すれば確定申告の手続きは全て終了です。

基本的にデメリットはそこまでありませんが、人気がゆえに確定申告のシーズンになると動作が重たいという声もあります。

もし、利用するのであればできるだけ早く確定申告の書類を完成させた方がいいかもしれません。

「やよいの青色申告オンライン」も同様に確定申告をサポートしてくれるソフトで青色申告を控えている人の中には利用している人も多いでしょう。

青色申告は白色申告とやることはそこまで変わりはありません。しかし、やよいの青色申告オンラインは1から青色申告の必要なことを説明してくれるのでとても楽です。

青色申告で検討している人は一度、無料でやよいの会計ソフトを使用してみて、継続的に使用するか考慮してみても良いでしょう。

やよいの白色・青色確定申告オンラインのHPへ

クラウド会計freee

クラウド会計freee

クラウド会計freee

確定申告を控えている人の多くが利用している会計ソフトです。「クラウド会計Freee」は自動で帳簿をつけることができる会計ソフトとして有名で、銀行口座やクレジットカードと連携させておけばデータ入力の手間が省けて便利です。

入力作業も少なく、「売上」と「費用」のどちらかにポチポチクリックしながら分けていくだけになります。

おそらく帳簿をつける作業であれば一番早い会計ソフトと言えるでしょう。

また、freeeはスマートフォンアプリもリリースしており、経営状況などを逐一帳簿につけることができます。

このアプリ内で共有することで税理士に確定申告の必要事項を全て共有することもできます。

しかし、無料での利用は1ヶ月となっており、それ以降は有料での利用となります。

スタータープランは年払いで9800円になっています。スタータープランでも十分確定申告の書類を作成することはできます。

確定申告に使用する会計ソフトもユーザビリティが低いと、作業に時間がかかってしまうので苦労します。

freeeはユーザビリティが高いのでそこまで苦労することはないでしょう。多少のお金はかかってしまいますが、できるだけ確定申告の負担を減らしたいという人にはおすすめです。

クラウド会計freeeのHPへ

  • コメント: 0

関連記事

  1. 【株の税金】サラリーマンが株を運用している場合の確定申告のやり方を解説!

    【株の税金】サラリーマンが株を運用している場合の確定申告のやり方を解説!

  2. サラリーマンでも経費で落とせる7つの費用とは?確定申告による節税対策

    サラリーマンでも経費で落とせる7つの費用とは?確定申告による節税対策

  3. アルバイト掛け持ちの学生必見!年末調整の書き方と注意点【税金・社会保険】

    アルバイト掛け持ちの学生必見!年末調整の書き方と注意点【税金・社会保険】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。