中国輸入転売ビジネスの始め方|個人輸入を副業でする方法

中国輸入転売ビジネスの始め方|個人輸入を副業でする方法

今回は、中国輸入転売ビジネスの始め方をわかりやすく解説すると共に、代表的な中国の輸入サイト&日本の販売先サイト、中国輸入のおすすめ商材なども厳選してご紹介します。

もくじ

1.中国輸入の魅力と稼げる仕組み
2.個人輸入は初心者でもできる?具体的な方法
3.代表的な中国(海外)の輸入サイト
4.代表的な日本の販売先サイト
5.中国輸入のおすすめ商材3選

1.中国輸入の魅力と稼げる仕組み

1-1.中国から個人輸入して日本で売る

中国から個人輸入して日本で売る

中国輸入は「安く買って高く売る」という、非常にシンプルなビジネスモデルです。

海外からの輸入というだけでハードルが高く感じるかもしれませんが、初心者でもノウハウさえ守ればしっかり稼ぐことができます。

また、中国語のスキルが必要と思われがちですが、仕入れ以外中国語を読む機会はほとんどなく、自動翻訳で十分対応できます。

1-2.仕入れが安く、利益率が高い

中国は物価が安いため、商品を安く大量に仕入れることが可能です。

モノを売って稼ぐには「出来るだけで安く仕入れ、利益を乗せて売る」ことが大切ですので、仕入れが安いというだけで大きなメリットとなります。

大量に仕入れるほど1商品あたりの原価を下げることができ、ビジネスを拡大するほど利益率が上がっていきます。

また、仕入れが安いということは、まとまった資金が無くてもすぐに始められるということです。

こういった面でも中国輸入は、物販初心者でも非常に稼ぎやすいビジネスと言えます。

2.個人輸入は初心者でもできる?具体的な方法

中国輸入は、「リサーチ・仕入れ・検品・出品・発送」という5つの作業を繰り返しながら、利益を増やしていきます。

中国輸入を開始する前に、大まかな流れを確認しておきましょう。

2-1.仕入れる商品のリサーチ

リサーチは「中国から仕入られて、日本で売れた商品」を探し出す作業です。

当たり前ですが、ここできちんと利益の出る商品を見極めることが、中国輸入を成功させるポイントとなります。

リサーチは手作業で行う場合と、ツールを使用する場合がありますが、まずは自力を付けるためにも手作業で探してみることをおすすめします。

2-2.中国のサイトで仕入れる

リサーチして仕入れたい商品が決まったら、実際に仕入れを行います。

詳しくは後述しますが、まずはタオババやアリババなど定番の中国ECサイトから仕入れてコツを掴みましょう。

仕入れは自分で中国の業者とやり取りする方法と、代行業者に依頼する方法があります。

代行業者に依頼すれば、中国の販売業者との面倒なやり取りや、価格交渉まですべて代行してもらえて便利です。

業者を選ぶ際は値段で決めるのではなく、業者の取引実績や、トラブルへのサポート体制、自分の輸入したい商品に詳しいかなどの点を重視するといいでしょう。

代行業者の利用を考えてる場合は下記サイトで代行業者の詳細をチェックしてみてください。

2-3.届いた商品の検品と出品

中国の商品は価格が安い分、作りが雑だったり、破損や汚れがあることは少なくありません。

検品は手間がかかるため面倒ですが、ここを怠ると売れても返品やクレームの嵐となる可能性があるため、丁寧に行いましょう。

しっかり検品を終えたら、商品を販売するサイト(プラットフォーム)に出品します。

出品する際は価格だけでなく、周りの出品に埋もれないよう、ライバルと差別化することが大切です。

写真の取り方を工夫する・丁寧な商品説明をする・その商品にしかない特性を前面に出すなど商品の見せ方にこだわりましょう。

画像を丁寧に作りこむだけで、同じ商なのに何倍もの価格で売れることがあるため、時間をかける価値は十分にあります。

2-4.売れた商品を発送する

発送は自分で行うパターン発送代行業者に依頼するパターンがあります。

在庫を発送代行業者に預けておけば、在庫管理や梱包まで代行してもらえて便利です。

最初は発送する個数が少ないため自分で対応し、個数が増えてきてから代行業者を使うものおすすめです。

代行手数料はかかりますが、空いた時間は利益を生み出す作業に集中することができるため、かえって効率的に売り上げを伸ばせるようになります。

3.代表的な中国(海外)の輸入サイト

3-1.中国輸入の仕入れサイト1 タオバオ

中国輸入の仕入れサイト1 タオバオ

タオバオは中国最大級のBtoC(一般向け)ECサイトです。

少ない個数から仕入れが可能ですので、初めて個人購入する場合や、中国輸入を始めたばかりの時におすすめの仕入れ先です。

翻訳サイトを駆使して中国語でやりとりする必要がありますが、やり取りが面倒な場合は代行業者に依頼するのも一つの手です。

仕入れサイト【タオバオ】はこちら

3-2.中国輸入の仕入れサイト2 アリババ

中国輸入の仕入れサイト2 アリババ

アリババは中国最大級のBtoB(業者向け)仕入れサイトで、ある程度の個数をまとめて仕入れたいときに向いています。

大量の商品をまとめて仕入れることで、1商品あたりの仕入れ値を大幅に下げることが可能です。

初心者よりも販売の経験を積んで、もっと利益を上げたいという時におすすめの仕入れサイトです。

仕入れサイト【アリババ】はこちら

3-3.慣れてきたら他のサイトからも仕入れてみる

その他にも、国際ECサイトのアリエクスプレスや、世界最大のオークションであるebayなど仕入れに使用出来るサイトは多数存在します。

どこで仕入れるかではなく、何をいくらで仕入れるかが重要ということを念頭に置き、商品によって仕入れ先を使い分けましょう。

仕入れサイト【アリエクスプレス】はこちら

仕入れサイト【ebay】はこちら

4.代表的な日本の販売先サイト

4-1.Amazon

Amazon

中国輸入の販売先として定番のプラットフォームです。

Amazonの商品は8割中国製と言われているほど、とにかく中国輸入の商品で溢れかえっています。

ライバルは多いのですが、コツを掴めば効率的かつ安定した利益を生み出せるというメリットがあります。

中国輸入の販売サイト【Amazon 】はこちら

4-2.メルカリ(フリマアプリ)

メルカリ

フリマアプリは中国輸入の商品がたくさん販売されており初心者におすすめの販売先です。

出品直後に売れやすく、入金スピードも速いというメリットがあります。

女性や若い世代のユーザー数が多いため、アパレル商品の取引量がとても多いという特徴があります。

中国輸入の販売サイト【メルカリ】はこちら

4-3.ヤフオク(オークションサイト)

ヤフオク

オークションサイトなので、定額とオークション形式どちらの価格でも販売が可能です。

また、Amazonは15%、メルカリは10%の販売手数料がかかりますが、ヤフオクは8.64%に設定されています。

たったの数パーセントですが、積み重なっていくと利益に大きな差が生まれます。

中国輸入の販売サイト【ヤフオク】はこちら

5.中国輸入のおすすめ商材3選

中国輸入で仕入れる商品を迷ったら、まずは「小さい・軽い・壊れにくい」という基準で選んでみるのもおすすめです。

この3点が揃っている商品はもっとも扱いやすく、初心者向けと言われています。

また、あえて大きい・重い・壊れやすい商品を取り扱うとライバルが少なく、大きな利益を得られる場合もあります。

今回は、Amazonで中国製品が良く売れているカテゴリーを3つご紹介しますので、ぜひ仕入れの参考にしてみてください。

5-1.アパレル・コスプレ関連商品

レディース ブラウス

出典:amazon.co.jp

アパレル商品は種類が多く、利益率も良いため中国輸入の商材としては定番です。

中国輸入を始めたばかりなら、アクセサリー・時計など小さいものから狙ってみるのもおすすめです。

ハロウィンやクリスマスなどのイベント前にはコスプレ品が大量に売れるため、時期を見て早めに仕入れましょう。

5-2.スマホ関連商品

Au AQUOS sense SHV40 ケース

出典:amazon.co.jp

スマホ関連商品は、小さくで場所を取らず軽いため輸入するにはぴったりです。

Amazonではすでにたくさんのスマホ関連商品が販売されていますが、商品をきちんと選べばまだまだ参入が可能です。

新しいスマホが発売されるたびに、関連製品もどんどん増えていくため、継続的な売り上げを望めます。

5-3.DIYや業務用工具

T98 電動ドライバー セット

出典:amazon.co.jp

専門性の高い工具や日曜大工用の道具なども、中国輸入の商材としておすすめです。

最近は個人で出来る簡単なDIYが流行していることもあり、ヒットすれば繰り返し販売が可能です。

売れている履歴だけでなく、巷でどんなDIYがトレンドなのか調べながら商品リサーチすると良い商材が見つかります。

関連記事

  1. 写真副業アイキャッチ

    写真を売る副業って何?販売方法と販売できるサイト6選

  2. 副業サラリーマンの8割が知らない確定申告書の正しいやり方

    副業の確定申告、サラリーマンの場合のやり方をレクチャー!

  3. 3Dプリンターを使った副業におすすめのプリンター3選

  4. ポイントサイトの稼ぎ方とポイント交換のコツ【げん玉・楽天等】

  5. amazonで個人が出品するやり方を丁寧に解説!

    amazonで個人が出品するやり方を丁寧に解説!〜登録の仕方から発送方法まで〜

  6. 手作業でできるおすすめ内職バイト3選|パソコンいらずの副業

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。