マネキンの始め方や稼ぐ方法、税金のまとめ|副業大百科No.11

1.マネキンとは?2.マネキンの始め方3.マネキンで稼げる収入は?4.マネキンで稼ぐ方法5.マネキンの税金・確定申告

1.マネキンとは?

マネキンとは、商品の宣伝や売上促進のために、主にスーパーやドラッグストアなどの小売店の店頭で商品の実演販売を行う仕事です。

1人でも多くのお客さんに商品を知ってもらうことが大切なので、積極的に声をかけて商品をアピールする必要があります。

2.マネキンの始め方

商品のメーカーや小売店に直接雇われるケースもありますが、ほとんどの場合は派遣会社に登録し、仕事の紹介を受けることになります。

アルバイトの求人情報誌や求人サイトにマネキンを募集している派遣会社の求人案件が載っているので、そちらから応募すると簡単です。

また、Google検索などでも簡単に見つけられると思います。

求人に応募したら、派遣会社から折り返し連絡があります。

正式な登録に際して派遣会社のオフィスや電話での面接がある場合は、面接の日時を決めます。

派遣会社への登録が完了したら、自分が勤務できる日時や場所を伝えて仕事を紹介してもらいます。

仕事当日は指定された店舗へ直接向かうことが多いです。

店舗に到着したら、売り場など指定された場所で、指定の商品を宣伝販売することになります。

3.マネキンで稼げる収入は?

マネキンの仕事は日給制となっていることが多く、1日7〜8時間の勤務で日給は8,000〜10,000円程度となっています。

月4回勤務すると、月に32,000〜40,000円稼げることになります。

4.マネキンで稼ぐ方法

日曜日や祝日、遠方での勤務や何か特別なスキルが必要な場合などは、基本給に加えて別途手当が支給されることもあります。

特にクリスマスや年末年始といったイベントシーズンは1日あたり1,000円以上の手当がつくことも珍しくありません。

もし都合のつく場合は、手当が多く支給される日に仕事をすると効率よく稼ぐことができます。

5マネキンの税金・確定申告

マネキンの仕事において交通費や必要物の購入などを自分で負担している場合は、その金額を必要経費として差し引いた額が収入となります。

確定申告の際に経費として申請する場合は領収書などが必要になりますので、何か仕事に必要なものの代金を負担した場合は必ず残しておく必要があります。

副業としてマネキンの仕事をする場合、副業の年間の収入が20万円以下ならば確定申告の必要はありません。

ただし、給与から税金が差し引かれている場合は確定申告をすると過払い分が戻ってくる可能性があります。

収入が20万円を超える場合は、本業の給与収入との合算額から給与所得控除を差し引いた金額が課税対象となります。確定申告書Aに必要事項を記入の上、提出する必要があります

関連する副業

  1. クラウドワークスの始め方や稼ぐ方法、税金のまとめ|副業大百科No.5

  2. ウーバーイーツの始め方や稼ぐ方法、税金のまとめ|副業大百科No.3

  3. ランサーズの始め方や稼ぐ方法、税金のまとめ|副業大百科No.10