長期保有すべき手堅い株の見つけ方とおすすめ銘柄3選【サラリーマン向け】

長期保有すべき手堅い株の見つけ方とおすすめ銘柄3選【サラリーマン向け】

昨今株式投資をしているサラリーマンの方も増えているようですが、今回はそんなサラリーマンの方へ向けて長期保有すべき手堅い株の見つけ方とおすすめ銘柄3選を紹介します。

もくじ

1.長期保有すべき株の特徴と見分け方
2.長期保有すべき株のおすすめ銘柄 3選

1.長期保有すべき株の特徴と見分け方

長期保有をした方が良い株には大きく3つの特徴があります。

  • 割安株
  • 株主優待が魅力的
  • 高配当株

これら全てを満たしている銘柄は少ないですが、上記の3点を意識して銘柄を探すと長期保有に適しているものを見つけることが可能です。

また、それぞれの特徴には独自の見分け方があるので次にその方法を具体的に解説していきます。

1-1.見分け方① 割安株

割安株は他の企業と比べて相対的に株価が割安の株式のことを指します。

決して、株価が安いものが割安株ではないので注意してください。

割安株は長期的に見て、段々と株価が上昇していく可能性が高いので長期保有に向いています。

そんな割安株を見分けるには以下の2つの指標を参考にすると良いでしょう。

  • PER … 株価収益率。低いほど、純利益に対して株価が割安。
  • PBR … 株価純資産倍率。低いほど、純資産に対して株価が割安。

PERは株価を1株あたりの純利益で割ることで計算できます。

PERが低ければ低いほど、その企業が稼いでいる利益に対して株価が割安に放置されているという意味です。

対して、PBRは株価を1株あたりの純資産で割ることで計算できます。

こちらもPBRが低ければ低いほど、その企業が保有している純資産に対して株価が割安に放置されているという意味です。

PERとPBRのどちらも会社四季報を参照すれば求めることができます。

また、証券会社のサイトで銘柄検索をすると予想も含めてPERとPBRを知ることができます。

加えて、このPERとPBRを使う時は業種ごとの平均値を参考にして、割安かどうかを判断しましょう。

業種によってかかる必要経費に大きな差があるため、業種を超えて比較するとあまり効果がありません。

2019年5月末時点での東証一部上場企業の単純平均PER・PBRは以下のようになっています。

業種 PER PBR 業種 PER PBR
水産・農林業 12.9 1.1 輸送用機器 10.0 0.7
鉱業 35.0 0.4 精密機器 15.7 1.6
建設 9.2 0.9 その他製品 20.2 1.3
食料品 19.7 1.3 電気ガス業 13.1 0.9
繊維品 15.5 0.8 陸運業 17.0 1.4
パルプ・紙 38.9 0.7 海運業 21.8 0.5
化学 13.9 1.1 空運業 9.1 1.1
医薬品 23.2 1.7 倉庫・運輸関連業 13.5 0.8
石油・石炭製品 5.3 0.7 情報・通信業 27.0 2.4
ゴム製品 11.5 0.9 卸売業 11.8 0.9
ガラス・土石製品 8.8 0.8 小売業 21.9 1.7
鉄鋼 8.9 0.5 銀行業 8.3 0.3
非鉄金属 8.0 0.7 証券・商品先物取引業 8.1 0.8
金属製品 10.3 0.6 保険業 13.5 1.0
機械 12.9 1.0 その他金融業 9.7 0.8
電気機器 19.6 1.3 不動産業 9.8 1.1
輸送用機器 10.0 0.7 サービス業 22.3 2.1

(参考URL:https://www.jpx.co.jp/markets/statistics-equities/misc/nlsgeu000004223w-att/j_perpbr201905.pdf)

1-2.見分け方② 株主優待が魅力的

株主優待はその企業の株主に対して定期的に送られるプレゼントです。

株を保有していれば、ずっともらい続けることができるので魅力的な株主優待を出している企業は長期的に保有しすべきでしょう。

株主優待は各企業のIR情報のページを見るか、証券会社のサイトの銘柄検索のページで見ることができます。

また、まだ証券会社に口座開設をしていなくて各企業のページを見るのが面倒な人は「ヤフーファイナンス」を参照すると良いです。

ヤフーファイナンス」では様々な条件で株主優待情報を検索できるので、自分にとって魅力的に感じる銘柄を探してみましょう。

【ヤフーファイナンス】

ヤフーファイナンス

引用URL:https://stocks.finance.yahoo.co.jp/

1-3.見分け方③ 高配当株

配当は定期的に企業が自身の利益の一部から株主に還元されるお金です。

配当が例年多く出している企業の株を持っていれば、それだけ投資額に対して毎年もらえるお金が増えます。

また、高配当株は長期保有を目的にする投資家が多いため株価も安定する傾向です。

これらのことから高配当株は長期で保有すべき株です。

そんな高配当株は「配当利回り」を基準にして、見分けましょう。

配当利回りは1株あたりの配当を株価で割り、%表示にして求めます。

この値が高いほど、投資額に対してもらえる配当が多くなるので高配当株と判断できます。

平均としては2~3%が目安なので、これ以上の配当利回りの銘柄を探しましょう。

2.長期保有すべき株のおすすめ銘柄 3選

ここでは今までの長期保有すべき株の見分け方を踏まえて、おすすめの銘柄を3つ選びました。

  1. JT(日本たばこ産業)
  2. オリックス
  3. 三菱ケミカルホールディングス

上記の銘柄を参考にしつつ、様々な銘柄を探すことが重要です。

2-1.JT(日本たばこ産業)

JT

引用URL:https://www.jti.co.jp/

株価 2,500円
業種 食料品
PER 11.98
PBR 1.70
配当利回り 6%
株主優待 自社商品(ご飯やカップ麺など)

(2019年6月5日時点)

JT(日本たばこ産業)はたばこ事業を中核にして、食品や医薬品なども作っています。

この銘柄は高配当かつ株主優待が魅力的で非常に有名です。

配当利回りは2019年6月5日時点で6%で、株主優待はご飯やカップ麺などがもらえます。

加えて、PERが業種平均より下回っているため株価も割安です。

JT(日本たばこ産業)の株を長期保有して、配当と株主優待を安定的にもらい続けていくことがおすすめです。

2-2.オリックス

オリックス

引用URL:https://www.orix.co.jp/grp/

株価 1,548.5円
業種 その他金融業
PER 5.92
PBR 0.63
配当利回り 4.91%
株主優待 株主カード・カタログギフト

(2019年6月5日時点)

オリックスはリースを始めとして、生保や不動産などに事業を多角化しています。

さらに、海外へも事業投資を行っています。

そんなオリックスはPERが業種平均と比べると割安で、配当利回りも高い銘柄です。

株主優待も株主カードで多くの施設を割安で使えたり、カタログギフトから好きな商品をもらうことができて魅力的です。

総合的に長期保有をするメリットが大きいのでおすすめです。

2-3.三菱ケミカルホールディングス

三菱ケミカルホールディングス

引用URL:https://www.mitsubishichem-hd.co.jp/

株価 729.6円
業種 化学
PER 6.16
PBR 0.75
配当利回り 5.48
株主優待 なし

(2019年6月5日時点)

三菱ケミカルホールディングスは総合化学の分野で首位の企業です。

化学・レイヨン・樹脂を合併した三菱ケミカルを中核にして、田辺三菱製薬、大陽日酸などがグループ会社にあります。

そんな三菱ケミカルホールディングスは配当利回りが非常に高いことが魅力となっています。

株価も安いため、最低投資額が低くなり手軽に購入できる点も良いです。

株主優待はありませんが、長期で定期的に買い増しをしていく形で保有しておくべき銘柄と言えます。

関連記事

  1. アルバイトアイキャッチ

    副業のアルバイトおすすめ9選:副業で土日も稼ぐ方法

  2. 旅行費用が削減できる旅先での収益化方法4選|旅行で稼ぐ

  3. ランサーズを副業にしたい初心者が仕事獲得するためのプロフィール・提案のコツ

  4. DTMアイキャッチ

    DTMの始め方と初心者におすすめの無料ソフト4選

  5. アンケートモニターで稼げるのはどれ?おすすめの4つを徹底比較!

  6. せどりのやり方:ど初心者向け副業せどりの始め方

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。