お家でできる手作業内職在宅ワーク探しの方法|求人はどこにある?

お家でできる手作業内職在宅ワーク探しの方法|求人はどこにある?

在宅でバイト、内職をしたいけどどうやって探せばいいのか…。

今回はそんな疑問に答えるべく、お家でできる手作業内職在宅ワーク探しの方法をご紹介していきます。

もくじ

1.手作業でできる内職のバイト求人3つの探し方
2.内職で得られる収入はどのくらい?
3.内職で高額な月収を得るには?
4.単価の低い仕事で収入を上げるポイントは?
5.手作業での内職を請ける時の注意点は?

1.手作業でできる内職のバイト求人3つの探し方

  • シール貼りや箱詰め
  • 封筒入れ
  • 折り鶴制作
  • アイロンがけ

など、在宅でできる内職アルバイトはたくさんあります。

手作業でできる内職に挑戦したいけれど、どこで仕事を探せば良いか分からないという人も多いものです。

手作業でできる内職を探す場合、3つの探し方ができます。

1-1.自治体の内職斡旋所で紹介してもらう

三鷹市

参照:http://www.city.mitaka.tokyo.jp/c_service/000/000883.html

地方自治体によっては、内職を斡旋する専門の窓口を設けているところがあります。

専門でなくても、県やハローワークを通じて内職を紹介しているところもあります。

ただし、県やハローワークを通じて紹介してもらった場合でも、一般的な内職の請け負い方と同じく、採用決定は会社と個人との関係になるため、仕事内容や給与などの条件は事前にきちんと自分で確認しておくことが大切です。

内職斡旋所は、「内職斡旋 ○○○(自治体)」などで検索するか、住所地のある自治体に直接尋ねてみましょう。

自治体によっては、内職はなんらかの障がいのある人、障がいのある人の家族や、介護中や育児中などで一般的な仕事に就きにくい環境にある人を優先にしているケースもあります。

1-2.一般的な求人サイトなら地域密着型が探しやすい

求人ボックス

参照:https://求人ボックス.com/

一般的なアルバイト求人を扱っている求人サイトや求人情報誌でも、内職を募集しています。

募集している地域が限られているケースが多く、地域密着型の求人が探しやすいのが特徴です。

内職を依頼できる範囲や採用条件などが明確に記載されているため、条件に当てはまるかチェックしてから、応募しましょう。

1-3.クラウドソーシングサイトの求人なら全国対応していることも

ランサーズ

参照:https://www.lancers.jp/

WEBを通して求人を募り、業務を依頼するのがクラウドソーシングです。

業務委託といえば、特別なスキルが必要な仕事や、パソコンを使った仕事というイメージが強い人も多いかもしれません。

確かにそのような仕事が多く見られますが、手作業で行える内職を募集しているケースも少なくありません。

全国からの求人がチェックでき、会社によっては全国対応で内職の依頼をしているところもあります。

2.内職で得られる収入はどのくらい?

内職を請ける際に気になることの1つに収入が挙げられます。

手作業でできる内職の多くは、特別な技術が必要でなくてもできるものがほとんどです。

家内労働法で最低工賃が決められているものの、内職は作業した数によって収入が異なるため、安定した収入があるとは言い切れません。

例えば、1時間に300円、1日5時間週6日の作業を行った場合、収入は300円×5時間×6日×4週=36,000円になります。

厚生労働省の2018年公表のデータによると、2017年の内職従事者の平均月収額は37,278円でした。

内職で得られる収入は3万円前後と考えるのが妥当でしょう。

簡単な仕事になるほど単価が低く、複雑な作業が必要となる場合や、複数の作業(チラシ封入+当てなラベル貼りなど)を同時に行う場合は単価が高くなります。

家事や育児、仕事の合間で内職を請けようという場合は、作業に掛けられる時間の長さによって得られる月収は大きく変わってきます。

中には、1個単価を設けずに、2週間以内にシール貼りを1,000枚で○○円などまとめた価格で依頼されることもあります。

(例)
・シール貼り 1枚0.1円~2円
・値札カット 1枚5円~40円
・ポケットティッシュの広告封入 1枚0.5円~1円
・ダイレクトメールの封入 1枚0.5円~1円
・折り鶴制作 1個1円~5円

3.内職で高額な月収を得るには?

内職と言えば単価が安いというイメージが強いものですが、中には高額単価で求人が出るものもあります。

例えば、企業が送る封書の宛て名を毛筆で書いたり、賞状の文面を毛筆で記入する、特殊な刺繍を施すなど、特定の技術が必要となるものであれば、内職でも高額になります。

(例)
・毛筆記入 1文字30円~60円
・毛筆賞状記入 1枚2,000円~5,000円

4.単価の低い仕事で収入を上げるポイントは?

単価の低い仕事でも、同じ作業を続けているとコツがつかめるようになり、1回目よりも2回目の受注の方が数をこなすことができるようになります。

部屋に余裕がある場合は、1部屋を作業部屋としておくのもおすすめです。

いつでも作業にとりかかれるように準備しておけば、作業の都度に準備や片付けをする手間や時間が省けます。

スケジュールの管理や手順の見直し、家族の協力などで効率良く作業できる工夫をしてみましょう。

納期までに時間がない仕事は、ボーナス単価として、普段の単価よりも高額で依頼されることがあります。

この場合、その作業について依頼者の実績が必要となるのが一般的です。

長く作業を続けている場合は、そのような急な仕事がないか会社に尋ねてみても良いでしょう。

5.手作業での内職を請ける時の注意点は?

内職詐欺という言葉があるように、現在でも内職を紹介するという文言で詐欺に遭ってしまうケースがあります。

内職を紹介する前に必要な道具を購入しなければならない場合や、紹介費用や入会費用と称してお金を請求するケースには注意が必要です。

最近では、荷物を受け取り、指定された場所にその荷物を転送するというものもあります。

実はそれが、特殊詐欺の現金の受け渡しだったという事件も増えています。

簡単作業で高額な収入を得られるものは内職では滅多にありません。

内職を探す場合は、作業内容と賃金のバランスを考えて、仕事をよく吟味することをおすすめします。

関連記事

  1. ポスティングアイキャッチ

    ポスティングバイトを副業で行う時のメリット・デメリット

  2. 【初心者向け】副業での同人活動の始め方と確定申告の方法

    【初心者向け】副業での同人活動の始め方と確定申告の方法

  3. YouTubeを副業にする方法|広告収入を得る仕組みを解説!

  4. クラウドワークス初心者が初月でも月収3万円稼ぐためのコツ

  5. DTMアイキャッチ

    DTMの始め方と初心者におすすめの無料ソフト4選

  6. 猟師アイキャッチ

    猟師になるには?必要な免許・資格、副業での実現性などを解説!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。