【株の税金】サラリーマンが株を運用している場合の確定申告のやり方を解説!

【株の税金】サラリーマンが株を運用している場合の確定申告のやり方を解説!

サラリーマンが株を運用している場合、確定申告の仕方に少し注意しなければなりません。

ここから確定申告のやり方について詳しい画像を用いながら手順を解説していきます。

もくじ

1.株の確定申告の必要書類
2.株の確定申告のやり方

1 .株の確定申告の必要書類

株の確定申告をする時は自身の証券口座の種類によって、必要書類が少し異なります。

また、今回はe-taxを使わずに国税庁の確定申告書等作成コーナーで作成・印刷をする場合に必要な書類を説明していきます。

まず、特定口座を開いている人は以下の物が必要です。

  1. 確定申告書B
  2. 特定口座年間取引報告書
  3. 源泉徴収票
  4. 印鑑
  5. マイナンバー

また、一般口座を開いている人は上記の特定口座年間取引報告書に代わって「株式等に係る譲渡所得等の金額の計算明細書」が必要になります。

特定口座を開いている人に必要な特定口座年間取引報告書は毎年1月になると証券会社から送られてきます。

対して、一般口座を開いている人に必要な株式等に係る譲渡所得等の金額の計算明細書は国税庁のホームページからダウンロードが可能です。

株式等に係る譲渡所得等の金額の計算明細書

株式等に係る譲渡所得等の金額の計算明細書
引用:URL:https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/shinkoku/yoshiki/02/pdf/a048.pdf

ここに各証券会社で発行される取引報告書を参考にして、1年の株の損益を自分で計算します。

そして、株式等に係る譲渡所得等の金額の計算明細書の空欄を埋めていけば完了です。

ただ、税務署から税金に関しての問い合わせがあった時に取引報告書を郵送でもらっていて保管していなかった場合、その後の手続きが面倒になります。

できるだけ取引報告書は電子媒体で保管するようにしましょう。

2.株の確定申告のやり方

確定申告に必要な書類が準備できたら、実際に確定申告を進めていきましょう。

今回は特定口座を開設している人が確定申告書を国税庁の確定申告書等作成コーナーで作って進める場合を説明します。

まず、Webで「確定申告書等作成コーナー」と検索して、国税庁のページを開きましょう。

国税庁のページ

その後、「作成開始」を選択して、「印刷して書面提出する」を選択してください。

もし、e-taxが使える人は「e-taxで提出する」を選択してください。

e-taxは専用のリーダーを購入するか、一度近くの税務署に行って利用者識別番号をもらわなければいけません。

最初は少し面倒かもしれませんが、一度できるようになるとオンライン上で確定申告が完了するのでとても手間が省けます。

税務署への提出方法の選択

そして、推奨利用環境が表示されるのでしっかりと確認したうえでページ下部にある「利用規約に同意して次へ」を選択しましょう。

推奨環境の確認

次に確定申告書を作成したい年分を選び、一番右の「所得税」を選択してください。

過去の年度の確定申告書も作成することが可能です。

所得税

その後、「左記以外の所得のある方」で作成開始をしましょう。

これを選択することで確定申告書Bで作成することができます。

全ての所得対応をクリック

そして、自分の生年月日を入力してください。

生年月日等の入力

そうしたらページの下の部分にある分離課税の所得の「株式等の譲渡所得等」の「入力する」を選択しましょう。

分離課税の所得

次に表示されるページにある配当所得の課税方法の選択で「総合課税」もしくは「申告分離課税」を選んでください。

加えて、 株式等の売却・配当・利子等の入力で「特定口座年間取引報告書」の内容を入力していきましょう。

特定口座年間取引報告書の内容を入力する

最後に、平成29年分の申告で上場株式等に係る譲渡損失の金額を繰り越した方というところで「はい」もしくは「いいえ」を選択してください。

過去に株の取引で損失を出してしまった人はここで損益通算することができて節税になるので忘れずに行いましょう。

また、確定申告をする年に株の取引で損失を出してしまった場合は以後3年間繰越控除が適用されます。

こちらも忘れずに申告をしましょう。

株式等の譲渡所得等

最後に、「次へ」を押して、計算結果を確認し「確認終了」を選択すれば株の取引について確定申告書に載せることが完了します。

あとは自分の持っている源泉徴収票を基にその他の空欄を埋めていき、マイナンバーを入力したら印刷してください。

印刷した確定申告書に印鑑を押して、税務署に郵送もしくは提出すれば確定申告は終了です。

今までの確定申告書の作成までの流れをまとめると以下のようになります。

(株の確定申告の手順)

  1. 「確定申告書等作成コーナー」と検索して、国税庁のページを開く
  2. 「作成開始」を選択して、「印刷して書面提出する」を選択する
  3. 推奨利用環境や利用規約を確認して、同意して次へ
  4. 作成したい年分を選び、「所得税」を選択する
  5. 「左記以外の所得のある方」で作成開始する
  6. 生年月日を入力する
  7. 分離課税の所得の「株式等の譲渡所得等」の「入力する」を選択する
  8. 配当所得の課税方法の選択を「総合課税」もしくは「申告分離課税」にする
  9. 株式等の売却・配当・利子等の入力で「特定口座年間取引報告書」の内容を入力していく
  10. その後、平成29年分の申告で上場株式等に係る譲渡損失の金額を繰り越した方で「はい」もしくは「いいえ」を選択する
  11. 「次へ」を押して、計算結果を確認し「確認終了」を選択する

関連記事

  1. サラリーマンでも経費で落とせる7つの費用とは?確定申告による節税対策

    サラリーマンでも経費で落とせる7つの費用とは?確定申告による節税対策

  2. アルバイト掛け持ちの学生必見!年末調整の書き方と注意点【税金・社会保険】

    アルバイト掛け持ちの学生必見!年末調整の書き方と注意点【税金・社会保険】

  3. 会計ソフトアイキャッチ

    確定申告に使える無料会計ソフトおすすめ4選

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。