ポスティングバイトを副業で行う時のメリット・デメリット

ポスティングアイキャッチ

ポスティングのバイトは各家庭や企業に対してチラシなどを配布していくアルバイトで、誰でもできる特徴があります。

本記事ではポスティングのバイトのメリットやデメリットを紹介し、これからポスティングでのアルバイトや副業を考えている方に向けて参考になると幸いです。

もくじ

1.ポスティングバイトはどこで探す?
2.ポスティングバイトのメリット
3.ポスティングバイトのデメリット
4.ポスティングするチラシやパンフレットを捨てたらどうなる?

1.ポスティングバイトはどこで探す?

副業でポスティングバイトをする場合、派遣アルバイトを募集している会社に登録の手続きが必要となります。

派遣アルバイトの募集は、一般的なアルバイト求人情報サイトでも多く見受けられますので、見つけるのはそう難しくはないでしょう。

ポスティングバイト
参照:タウンワーク

しかし、容易に見つけられたとしても誰しもがポスティングのアルバイトができるわけではありません。

ポスティングのバイトは多くの企業が「日雇い」の形で募集しているでしょう。

そのため、派遣法で定められている、日雇いのバイトができる人の条件をクリアしている必要があります。

日雇いのバイトができる人の条件は以下の通りです。

  • 満60歳以上の方
  • 雇用保険の適用を受けない学生
  • 本業収入が500万円を超える社会人
  • 世帯収入が500万円以上で主な生計者ではない人

いずれかの条件に当てはまらないと、日雇いで募集されているポスティングのバイトはできませんので注意しましょう。

2.ポスティングバイトのメリット

ポスティングバイトの代表的なメリットと言えば、1人で黙々と仕事ができる点ではないでしょうか。

ポスティングするチラシやパンフレットは、不動産物件のモデルルーム案内などが多くなります。

派遣会社から紹介されるクライアント先から、チラシを受け取る時以外は近隣の住宅に配り続けるだけですので、誰かと歩調を合わせる必要も、会話をする必要もありません。

1人で仕事がしたい、マイペースに働きたい人にはおすすめのバイトと言えます。

また、ポスティングをする範囲はあらかじめクライアント先から指定されますが、広範囲のポスティングを任されるケースが多いでしょう。

ポスティングをしているだけで適度な運動になりますので、デスクワークに就いている方など、運動不足を解消したいと考えている方にとってもメリットと言えるのではないでしょうか。

3.ポスティングバイトのデメリット

ポスティングバイトの代表的なデメリットは、時給が決して高くはない点です。

副業でもお小遣い稼ぎ程度に考えているのであれば問題ありませんが、時給1000円を超えるケースは非常に稀で、生活費の足しにできるとは言い切れません。

本業の休みを利用して毎日働いたとしても、ポスティングのバイトだけで稼げる月給は最大でも5万円程度ではないでしょうか。

また、ポスティングのバイトはただ渡されたチラシやパンフレットを配るだけで、簡単にできると考えている方も多いのではないでしょうか。

ポスティングのバイトは決して楽ではありません。むしろ派遣バイトの中でも若干きつい部類に入るでしょう。

体感には個人差があるため一概には言い切れませんが、ポスティングするチラシやパンフレットは、クライアントから一度に1000枚単位で渡されます。

ポスティング例

上記画像のように大きめの段ボールに大量のチラシが詰められ、それを1~2個キャリーカートに乗せて、運びながら広範囲を動き回らなければいけません。

予想以上の重労働に感じられる方も多いでしょう。

加えて、クライアントは一日に配れる量しかチラシを作っていないわけではありません。

勤務開始時に渡されたチラシを配り終えた場合、クライアントから追加で500枚や1000枚渡されますので、どれだけ配っても勤務終了時間が早まることはないでしょう

外を動き回るので、雨が降っているときにはチラシが濡れないように配慮しなければなりませんし、真夏には脱水症状になる危険性もあります。

特に雨の日には段ボールが濡れて壊れてしまい、せっかく詰めたチラシがすべて水浸しの地面に散らばってしまう事態にもなりかねませんので、精神的な負担も大きくなるのではないでしょうか。

4.ポスティングするチラシやパンフレットを捨てたらどうなる?

ポスティングのバイトは1人で動き回る関係から、クライアントや派遣会社に内緒で捨ててしまってもバレないと考えている方も多いのではないでしょうか。

もちろん、少量のチラシなどを捨ててしまっても、バレないケースは多いでしょう。しかし、バレた時のリスクが高いためおすすめしません

多くのアパートやマンションには、ポストの近くに住民用の不要な広告を捨てるためのゴミ箱が用意されています。

そういったゴミ箱に大量のチラシなどを捨てると、高い確率で管理している大家や管理会社に見つかってしまうのです。

チラシに記載されている連絡先を見て、クライアント先に連絡が入り、その後派遣会社にも捨てられていた事実が伝わります。

結果、日給が支払われないことや派遣登録解除となるのです。

働いた時間が無駄となり、挙句の果てに別のバイトを紹介してもらうこともできなくなりますので注意しましょう。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 副業おすすめリスト

    副業おすすめリスト130:最多掲載!2019年の副業一覧

  2. 楽天証券での口座開設手順と投資信託の買い方を丁寧にレクチャー!

    楽天証券での口座開設手順と投資信託の買い方を丁寧にレクチャー!

  3. 3Dプリンターを使った副業におすすめのプリンター3選

  4. ネットで副業アイキャッチ

    ネットで副業を始める前に知るべき4パターンとおすすめネット副業3選

  5. 仮想通貨取引所アイキャッチ

    仮想通貨取引所の手数料を徹底比較!7つの取引所で一番安いのはどれ!?

  6. amazonで個人が出品するやり方を丁寧に解説!

    amazonで個人が出品するやり方を丁寧に解説!〜登録の仕方から発送方法まで〜

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。