サラリーマン向けの副業ランキング|3部門を目的別にベスト3を発表!

サラリーマン副業アイキャッチ

サラリーマンのあなたが副業を選ぶ際、どういった判断軸で選べばいいのかという点は大きな悩みどころだと思います。

本記事ではサラリーマンに向いている副業を目的別のランキング形式で発表するだけでなく、「なぜそれがあなたにとっていいのか」という根拠も併せて解説いたします。

すぐにサラリーマン副業ランキングベスト3を見る

もくじ

1.サラリーマンという特性を考える
2.副業の選択基準は目的で分けろ!
3.【生活費の工面】サラリーマン副業ランキングベスト3
4.【本業にも役立つ部門】サラリーマン副業ランキングベスト3
5.【起業・独立見据え部門】サラリーマン副業ランキングベスト3

1.サラリーマンという特性を考える

まず、サラリーマンサラリーマンと言うけれども、サラリーマンとは一体どのような人を指すのでしょうか。

Wikipediaによると以下のように記載されています。

サラリーマン(英: office worker / 和製英語: Salaryman)とは、日本や韓国における正規雇用の会社員を表す用語で、会社企業に勤める給与所得者のうち、役員や専門職(医師・弁護士など)を除いた者である。
ーWikipediaより

つまり正社員(パートやアルバイトを除く)で(基本的には)毎月お給料をもらっている人たちのことをサラリーマンと呼んでいるわけです。

そして多くのサラリーマンのライフスタイルは1週間のうち、

  • 週5日は約8時間働き(残業除く)
  • 週2日を休日に当てる

というスタイルをとっている方が大半かと思われます。

この時間は少なくともお給料というお金をもらう代わりにあなたの時間を差し出す契約になっているので副業はできません。

つまりサラリーマンが副業できる条件は、

  1. 平日(労働日)の勤務時間外(主による)であること
  2. 休日であること

を満たす必要があります。

「なーんだ、ごく当たり前のこと言うなよ!」と思うかもしれませんが、甘い副業の誘惑につられて以上の条件まで侵食してしまい、本業が共倒れになってしまったら元も子もありません。

今一度「本業という担保あっての副業」であることを必ず踏まえる意味でも、以上の2点以外の時間を利用しないことを胸に刻んでおきましょう。

2.副業の選択基準は目的で分けろ!

ではサラリーマンが副業を始めたいと思ったとき、どんなものを選べばよいのでしょうか?

結論から言うと「副業をする目的」によって分けるべきだと考えます。

ではサラリーマンが副業する目的とは一体なんなのでしょうか?

当然100人いたら100通りの目的があるのでしょうが、大きな目的としては以下の3つに集約できるでしょう。

  • 生活費の工面(本業の給料の補填的役割)
  • 本業で役立つスキルを習得したい(自己研鑽的側面)
  • 起業などを見据えノウハウを貯めたい(知的資産蓄積的側面)

2-1.生活費の工面(本業の給料の補填的役割)

シンプルに副業の一番の目的が「お金」である場合、ここに分類されます。

具体的には、アルバイトの掛け持ち、治験、移動系(配達等)などの副業が含まれます。

当然副業である以上お金が目的でないことはないのですが、後述する自己研鑽的要因や資産蓄積的な要因を求めてしまうと、

  • 確実性(必ず収入になる)
  • 即効性(すぐに収入になる)

の2点を犠牲にしてしまうことになります。

逆に言えばお金以外に目的を定めなければ以上の2点を満たすことになります。

「自分はここに該当するなあ」と思った方は、後述するサラリーマン副業ランキングの、

3.【生活費の工面部門】サラリーマン副業ランキングベスト3

から優先的にご覧いただくことをおすすめします。

2-2.本業で役立つスキルを習得したい(自己研鑽的側面)

本業で必要なスキルをもっと磨きたい!とあくまで本業メインの軸を持っている方はここに分類されます。

ベンチャー企業での手伝い、コンサル業、セミナーなどが該当します。

あなたの磨きたい分野やどんな副業の仕方を選ぶかにもよりますが、前項の生活費の工面を目的にした副業よりも目先の収入は低めの傾向があります。

しかし実力がついてくれば時間あたりの収入もあがりますし、何より本業での評価に直結するかもしれません。

「自分はここに該当するなあ」と思った方は、後述するサラリーマン副業ランキングの、

4.【本業にも役立つ部門】サラリーマン副業ランキングベスト3

から優先的にご覧いただくことをおすすめします。

2-3.起業・独立などを見据えノウハウを貯めたい(知的資産蓄積的側面)

とにかく副業を「目先の収入より長期的な資産づくり」という立ち位置で定めている方はこちらに分類されます。

ブログやメディアでのマネタイズや、SNSでのブランディング化、オリジナル商品の販売などが該当します。

”知的資産づくり”を第一の目的にした場合、目先の収入を確保することが非常に困難である一方で、起動に乗れば収入が2次関数的に伸びることが期待できます。

起業・独立などを見据えている方はこの分類を優先すべきでしょう。

「自分はここに該当するなあ」と思った方は、後述するサラリーマン副業ランキングの、

【起業・独立見据え部門】サラリーマン副業ランキングベスト3

から優先的にご覧いただくことをおすすめします。

[次ページ]【部門別】サラリーマン副業ランキングベスト3

1

2
  • コメント: 0

関連記事

  1. 週末農業!副業としての農業の始め方とおすすめの作物

    週末農業!副業としての農業の始め方とおすすめの作物

  2. 在宅ワークのタイピングバイトで稼ぐ方法と求人先3つを紹介【副業】

    在宅ワークのタイピングバイトで稼ぐ方法と求人先3つを紹介【副業】

  3. ココナラアイキャッチ

    ココナラ初心者が稼ぐための2つのジャンル|副業で占いとカフェ会を始めよう

  4. ランサーズを副業にしたい初心者が仕事獲得するためのプロフィール・提案のコツ

  5. 家庭菜園初心者におすすめの良コスパ作物8選と道の駅での販売方法

    家庭菜園初心者におすすめの良コスパ作物8選と道の駅での販売方法

  6. タイムチケットの評判と類似サービス4選

    タイムチケットの評判と類似サービス4選

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。