bonestop
 

テーマを作るためのwordpressテーマ「bones」の有効な使い方

「WordPressで自作テーマを作ってみたい!」と思ったものの「0から作るには荷が重い・・・」と諦めかけている方はいらっしゃいませんか?

そのような方には「bones」というピッタリの無料テーマがあります。

今回はテーマを作るためのwordpressテーマ「bones」の魅力と使い方について解説していきます。

0.「bones」早見表

テーマ名 bones(ボーンズ)
料金 無料
主な利用用途 自作テーマを作成
こんな人におすすめ 自作テーマを作ってみたい!でもHTMLやCSSの最低限の骨組みは最初から欲しい・・・・という方
その他の強み ・最初からレスポンシブに対応している
・wordpressの構造が勉強できる
デモサイト —–
ダウンロード・購入 https://github.com/squibbleFish/theme-bones
販売・製作者 Stephen Fisher
複数サイト利用

1.wordpressテーマ「bones」とは

wordpressテーマ「bones」とは、自作テーマを作りたい人のための土台として使えるテーマで、その名の通りbones=骨格としての役割を果たしてくれます。

bonesは海外製のテーマで使い方がよくわからないという方も少なくないと思いますので、使い方を中心とした解説をしてきたいと思います。

2.bonesの特徴

まずはbonesというテーマがどのような特徴をもっているのか把握していきましょう。

ところによっては繰り返しになるかもしれませんが、理解を深める意味でご容赦ください。

2-1.bonesは開発者向けのテーマである

Bones is a WordPress Theme for Developers

bonesは開発者向けに開発されたテーマを作るためのテーマです。

自作テーマを作ってみたい方の1作目として大変有効なのではないでしょうか。

逆に非開発者、カスタマイズは極力避けたい方は向いていないテーマと言えるでしょう。

2-2.bonesはフレームワークとはまた異なる

Bones is not a Framework

bonesはフレームワークと言えるものではありませんので、必要最低限の機能群しか揃えていません。

しかしそのシンプルさ故に、子テーマを使用する必要なく、bonesのテーマそのものに修正を自由に加えることができます。

2-3.モバイルファースト&レスポンシブ対応

Bones is Mobile-First & Responsive

自分でテーマを作る際、レスポンシブに対応やモバイルファーストに適用する対策が最も苦労するのではないのでしょうか?

Bonesはあらかじめモバイルファーストとレスポンシブに対応しているので、デザインや機能の作成に専念できます。

2-4.投稿タイプやダッシュボードをカスタマイズできる

Custom Post Types & Custom Dashboard Functions Preloaded

開発者が様々なパターンの開発をできるように、Bonesは投稿タイプやダッシュボードをカスタムすることができます。

特にカスタム投稿によってより理想のサイト構造に近づけることができます。

3.bonesをダウンロードする

bonesはこちらの公式サイトからダウンロードできます。

・・・がここでいきなりトラップがあります。

Bonesはトップ画面右上の枠からダウンロードするのですが、

bonestop2

「DOWNLOAD NOW」というボタンを押してもリンク切れのページに飛んでしまいダウンロードできません。。。。

bonestop3

このボタンではダウンロードできない・・・・

正解は「DOWNLOAD NOW」というボタンの少し上にあるリンクで、こちらを押すとGitHubのページに遷移し、ダウンロードができるようになります。

bonestop4

このリンクからダウンロード可!

GitHubのページからは、「Clone or download」を押下し、「Download ZIP」を押せばZIPファイルをダウンロードできます。

bonesgit2

4.bonesのカスタイマイズ方法

Bonesはカスタマイズ前提のテーマですが、どのようにカスタマイズしていくのでしょうか。

手っ取り早くわかりたい方には動画がおすすめで、こちらの動画ではカスタマイズの手順がわかりやすく記載されているのでぜひ見ながらセットアップしてみてください。
(英語ですが動画なので見ればわかると思います)

5.テーマの研究材料としても使える

ここまでBonesの特徴や使い方について説明してきました。

このように開発するためのテーマとして開発そのものに利用することはもちろん、WordPressのサイト構造がどのようになっているのかなど、WordPressの研究面においても大変役に立つテーマです。

無料でダウンロードできますので、Bonesをぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

関連するWordPressテーマ

  1. lightningtop

    wordpressテーマ「Lightning」|自分好みにカスタマイズしたい人向けの無料テーマ

  2. cocoontop

    wordpressテーマ「Cocoon」|Simplicityを進化させた無料テーマ

  3. stringerptop

    wordpressテーマ「STINGER PLUS+2」でできること

  4. simplicitytop

    wordpressテーマ「Simplicity2」|シンプルイズベストを体現した無料テーマ