アルバイト掛け持ちの学生必見!年末調整の書き方と注意点【税金・社会保険】

アルバイト掛け持ちの学生必見!年末調整の書き方と注意点【税金・社会保険】

平成から令和の時代に代わり、掛け持ちバイトや副業が社会的に認められるようになりました。

バイトやパートの掛け持ちをしている人にとって、厄介な問題が税金社会保険料です。

それぞれ扶養範囲や控除範囲が異なるなかで、どれくらいまでなら両親や配偶者に迷惑をかけずに働けるのか気になりますよね。

また、年末調整に必要な書類や書き方も含めてご紹介します。

今回は、掛け持ちバイトするうえで気を付けたい税金と社会保険料についてまとめてみました。

もくじ

1.バイトやパートでも年末調整は必要なのか?
2.年末調整資料の書き方
3.確定申告で税金が還付される?
4.掛け持ちバイトで気を付けるべき税金と社会保険料の限度額!

1.バイトやパートでも年末調整は必要なのか?

年末調整

結論からいうと年末調整が必要です。

アルバイト先の会社は、あなたの給料からあらかじめ所得税を天引き(源泉徴収)しているため、1年の所得が確定する12月または1月に正しい所得税の金額を算出しなければなりません。

天引きした所得税の総額と本来あなたが納めなければならない所得税の差額の調整を年末調整といいます。

天引きした所得税が多ければ年末に還付され、少なければ追加で徴収されます。

ただ、源泉徴収する額は多めに設定されているため、パートやアルバイトの人であれば還付になるケースがほとんどです。

また、バイトやパートの給料は給与所得に該当するため、103万円以下であれば所得税がかかりません。

※給与所得控除(65万円)+ 基礎控除(38万円)=103万円

つまり、源泉徴収されている人は、年末調整することで間違いなく還付されることになります。

会社があなたの給料から総額いくら天引きしたか、1年間で総額いくら給料を支給したかを証明する資料が源泉徴収票です。

源泉徴収票は、12月支給の給料日または1月支給の給料日に配布されます。

また、源泉徴収票は転職時や退職時に必要な書類になりますので、無くさないようにご注意ください。

2.年末調整資料の書き方

給与所得者の扶養控除等申告書

ここからは、掛け持ちバイトをしている人がどのように年末調整の記入をしたらよいのかをご紹介します。

掛け持ちバイトをしている人は会社から「平成〇〇年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」、という紙を渡されます。

この紙には、

  • あなたの氏名
  • 個人番号
  • 住所
  • 生年月日
  • 世帯主の氏名
  • あなたとの続柄
  • 配偶者の有無

を記入します。

年末調整は基本1箇所でしかできないため、複数の会社から給料を得ている人は、給料を合算して所得税を計算します。

ここで重要なのは、主としている会社で年末調整をお願いすることです。

そうすることで各税務署や市町村にあなたの所得税の情報が送られ、住民税の計算などに使用されます。

また、年末調整の書類にはいくつかの種類があり、それぞれ該当する人は会社に提出してください。

  • 生命保険料等の控除を受けたい人は=「平成〇〇年分 給与所得者の保険料控除申告書」
  • 配偶者控除を受けたい人=「平成〇〇年分 給与所得者の配偶者控除等申告書」

3.確定申告で税金が還付される?

確定申告 書類 電卓

掛け持ちバイトをしている人は、所得税を多く天引きされている可能性があります。

主としている会社でしか年末調整ができないということは、主としていない会社には「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出しません。

「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出していない会社では、あなたの給料から所得税を多めに天引きするという決まりがあります。

※一律3.063%を給与から天引き

その多く天引きされた所得税分は、自ら確定申告することで所得税は還付されます。

掛け持ちバイトをしている人こそ、積極的に確定申告を行ってみてください。

4.掛け持ちバイトで気を付けるべき税金と社会保険料の限度額!

要注意

4-1.合計所得金額38万円(年収103万円)の壁『扶養控除』

バイトやパートを掛け持ちしている場合、原則確定申告が必要です。

バイトやパートで得た給料は「給与所得」に該当するため、2箇所以上で得た収入を合算して所得税を計算します。

この時に注意すべき点は、合計所得金額38万円(年収103万円)を超えるかどうかです。

合計所得金額38万円を超えると扶養控除の対象外となるため、扶養控除38万円が受けられなくなります。

学生本人に影響はありませんが、親の所得控除に関係してくるので、合計所得金額38万円を超える場合は、バイト先や両親に相談するようにしましょう。

4-2.社会保険料130万円の壁『社会保険料控除』

社会保険料の扶養範囲は、年間130万円の収入があるかないかで判定します。

※障害者や高齢者(60歳以上)が扶養者の場合は年収180万円まで

年収130未満の学生は、扶養の適用が認められ、自ら社会保険に加入する必要がありません。

しかし、下記の労働条件すべてに該当する場合は、年収130万円未満であっても扶養から外れていしまいます。

  • 月の収入が88,000円以上
  • 勤続年数が1年以上
  • 会社の従業員数が500人を超える会社で働いている
  • 所定労働時間が20時間/週を超える

自身で社会保険料を支払うのは非常に負担がかかり、学生にとっては痛手になるので、掛け持ちバイトする際は、130万円という数字も意識しましょう。

関連記事

  1. 会計ソフトアイキャッチ

    確定申告に使える無料会計ソフトおすすめ4選

  2. サラリーマンでも経費で落とせる7つの費用とは?確定申告による節税対策

    サラリーマンでも経費で落とせる7つの費用とは?確定申告による節税対策

  3. 【株の税金】サラリーマンが株を運用している場合の確定申告のやり方を解説!

    【株の税金】サラリーマンが株を運用している場合の確定申告のやり方を解説!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。